RID2700 Title
 
D2700 TOP > お知らせバックナンバー
  English
クラブ奉仕
拡大・増強委員会
広報委員会
IT委員会
会報・雑誌委員会
ロータリー情報委員会
職業奉仕
職業奉仕委員会
社会奉仕
社会奉仕委員会
新世代
インターアクト委員会
ローターアクト委員会
青少年育成委員会
ライラ委員会
国際奉仕
世界社会奉仕
国際青少年交換委員会
米山記念奨学委員会
ロータリー財団
ロータリー財団委員会


国際ロータリー2700地区

地区からお知らせ
2005年09月のお知らせ!
 
米国のハリケーン・カトリーナの災害見舞金について..
 ご承知のようにハリケーン・カトリ−ナにより、米国では数百人の 犠牲者が生じ、ニューオリンズ市のほとんどが水没するなど、大変な被害が生じました。現在でもニューオリンズ市の半分は水に浸かっていると聞いております。本日はその災害見舞金募金についてお願いのご連絡をしております。
 日本のロータリクラブは、その草創期において関東大震災に遭遇しましたが、当時のRIおよび米国のロ−タリ−クラブから、多額の見舞金を頂きました。そしてロータリ−アンの友情と助け合いの精神、奉仕の精神に感激したという記録が残っております。この度米国の大災害に際し、我々が寄金を募り被害者救援の一助にしたいというのが、募金の趣旨であります。
 ガバナー会では、意見を集約し、日本全国のロータリアンの募金をまとめて見舞金を送る手はずになっております。被害地区のガバナー自身が州外に避難するといったような事態があり、皆様への募金案内が遅れた次第です。募金の額は無論自由ですが、一応一人1000円位を目途にという話しになっております。
 10月20日までに、ガバナー事務所下記口座あてお送り頂けると幸いです。
出費多端の折から誠に恐縮ですが、宜しくお願い申し上げます。
 なお、ハリケーン・カトリーナ災害見舞金募金 送金報告 書式は地区資料室からもダウンロードできます。
(2005.9.16[Fri])
超我の奉仕賞について..
ロータリーの 標語である「超我の奉仕」を各個人の行動をもって実践し、人道的奉仕の模範を示したロータリアンを表彰する方法として、1992年3月、国際ロータリー理事会は「超我の奉仕賞プログラム」を承認し、採択しました。地域社会において日々貢献していますが、その活躍が称えられないままになっています。
 超我の奉仕賞プログラムは、こうしたロータリアンの功績を称えるために創設されたものです。
 つきましては、該当者がいらっしゃいましたら、貴クラブで9月12日までに添付の推薦書式(地区資料室からもダウンロード可能)にご記入の上、ガバナー事務所宛お送り下さいますようお願い申し上げます。
(2005.9.1[Thu])

2700地区QRコード
[QRコード]

 委員会からのお知らせ、例会案内、留学生レポート等の主要コンテンツは地区携帯ページからも見ることができます。
http://www.rid27.jp/


※地区ページに関することは、お気軽に地区IT委員会までご連絡ください。

D2700 TOP お知らせバックナンバー

Copyright